物流会社をM&Aで譲渡!事業売却や継承などの予備知識をご紹介

このサイトでは、昨今ニュースでたびたび取り上げられてるM&Aについて解説をしていきます。
企業間譲渡、または吸収合併という言葉で表現をされる経営術で、もともとは経済大国のアメリカで活発におこなわれてきました。
いまでは日本でも行われるケースが多く、特に物流会社間で頻繁に実施をされるようになっています。
事業継承という背景があるほか、人材不足の解消や経営方針の大幅な変更なども含まれます。
簡単にここで予備知識を紹介しましょう。

物流会社をM&Aで譲渡!事業売却や継承などの予備知識をご紹介

物流会社間で実施をされるM&Aは、大きく分けて2つの意味を有しているものです。
まずは事業継承というもので、跡継ぎがいない中小規模の物流会社で実施をされます。
もうひとつは経営の立て直しであり、M&Aでもっとも多くなされる理由になっています。
大手が中小企業を吸収合併するのが基本となっており、これまでに実施をしていたサービスはそのまま引き継ぐのがほとんどです。
こちらも一種の事業継承ともいえる事例となります。

M&Aと事業継承の規制緩和でより物流会社の競争が激化する時代に

現在の私たちを取り巻く環境では、物流という問題は大変大きな位置を占めるようになってきています。
私たちは様々なものを購入する際には、物流会社を利用して行われることになりますが、インターネット通販などの爆発的な増大から、この会社で働く人たちの労働環境を著しく悪化させることとなりました。
全国の多くの物流会社が、零細企業ということもありますので、状況が変わらないままでは従業員への負担は避けられないことになってしまいます。
このような状況において、物流会社のM&Aが盛んに行われるようになってきています。
その背景には、規制緩和により他業種からの物流業界への参入が容易になったということがまず挙げられます。
零細企業が多いこの業界において、他業種大資本が参入することにより事業規模が著しく拡大することになります。
そのような状況が続いていくと、肥後競争力が増していますので物流会社間の競争が気がするということが予想されます。

物流会社を畳む前にM&Aでの活用を検討する

物流会社の経営状況が悪化すると、すぐに廃業を検討する事業主も珍しくありません。
赤字が膨らむ前に手を打つのは基本であり、この施策自体はセオリー通りです。
しかし単純に畳んでしまうより、M&Aを選択したほうが有利になるかもしれません。
これまで物流に投資してきた資金を回収しようとすると、多くの時間と苦労が必要になるでしょう。
特に設備面に力を入れていた場合、長期的なプランを策定することになります。
廃業を前提にしてそれを成し得るのは至難の業です。
一方、M&Aの特徴として将来的に生み出される資産価値も勘案することが挙げられます。
このシステムをうまく活用し、価値を認識してくれる企業とマッチングできれば、回収の期間を大きく短縮できます。
物流会社として赤字のまま廃業するケースとは異なり、次の事業に使える資金を獲得できる可能性もあります。
このような活用の仕方も念頭においたうえで、今後の方針を検討すると良いでしょう。

物流会社の後継者がいないならM&Aで事業継承する

最近では、多くの企業で後継者がいないために廃業せざるをえないと言うケースも少なくありません。
物流業界でも同じような現象が発生しており、廃業を検討すると言う経営者も多いものですが、この場合にはM&Aを利用して事業継承を行い、会社の機能を存続させると言うのも1つの方法となります。
近年では物流会社のM&Aは大手の会社が非常に注目している方法であり、自社でカバーすることができない地域のきめ細かな配送能力を確保する上で非常に有効な手段と考えられています。
そのためこの方法を用いることで廃業する場合に比べ従業員の雇用を確保することができるほか、より多くの仕事を受けることができるようになると言うメリットがあります。
経営者にとって、従業員の雇用を守る事は非常に重要な責任です。
後継者がいないからといって廃業するのではなく、現在の物流会社の様々な特性を利用し、効果的に事業継承を行うことが良い結果を生むことにつながるため、積極的に検討することが大切です。

大手物流会社にM&Aで譲渡してフランチャイズにするメリット

大手物流会社にM&Aで譲渡して、フランチャイズにするメリットはいくつかあります。
一つ目は経営者が要らなくなるという点で、本社が一括して管理してくれるため物流会社の本業に専念することが可能です。
二つ目はフランチャイズ化することによって親会社が持つブランドサービスを持ちながらサービスを提供することができるので、認知性や信頼性が高まるといった点があります。
譲渡することに伴う一時的な資金を債権者映えることもできるため、そういった点もメリットと言えるでしょう。
ただし契約内容によっては、ロイヤリティが高額であったりスタッフの採用自体は自社で行わなければならなくなったりなど課題もあることが多いのが特徴です。
検討の際には必ず契約書の詳細を確認し、メリットとデメリットを双方判断したうえで検討することが重要です。
もし業績的に特段問題無い場合などは逆に会社ごと譲渡するという方法のほうが、よりメリットの高い結果になることもあります。

物流会社に関する情報サイト
M&Aって何?

このサイトでは、昨今ニュースでたびたび取り上げられてるM&Aについて解説をしていきます。企業間譲渡、または吸収合併という言葉で表現をされる経営術で、もともとは経済大国のアメリカで活発におこなわれてきました。いまでは日本でも行われるケースが多く、特に物流会社間で頻繁に実施をされるようになっています。事業継承という背景があるほか、人材不足の解消や経営方針の大幅な変更なども含まれます。簡単にここで予備知識を紹介しましょう。

Search